iPodの使い方

iPod使い方の説明とお役立ちサイトの紹介

ブログ内検索

スポンサードリンク




スマートプレイリストを作成する方法[iPod/使い方]

スマートプレイリストとは、iTunesを使って、設定した条件に当てはまる曲を自動的にプレイリスト作成してもらうという機能です。条件を設定しておけば、自動的にアップデートしてくれるという優れもの。使い方しだい、条件の入れ方しだいで、使い方いろいろ。
 
1.       [ファイル]→[新規スマートリスト]をクリックすると条件(ルール)を指定できる画面がでてきます。
 
2.       条件は[アーティストが][アルバムが][グループが][ジャンルが][マイレートが][再生回数が][作曲家が][時間が][年が]などから選んだあと、その条件をもっと詳しくする言葉を入れます。たとえば最新曲ばかりのプレイリストが作りたかったら、[追加日が][1][週間][以内]などといった感じにする。
  左側にある+(プラス)ボタンを使うと条件を増やすことができます。
 
3.       曲数の上限を決めたい場合はチェックを入れて上限数を設定します。選択方法などを入れるとより条件のあった曲が選ばれます。
 
4.       プレイリストに入る曲を自動で更新したい場合には[ライブアップデート]にチェックを入れておきます。
 
5.       [OK]ボタンをクリックすれば完了です。スマートプレイリストを編集しなおしたい場合には[作成したプレイリスト]→[スマートプレイリストを編集]から編集画面に移ることができます。

プレイリストを作成する方法[iPod/使い方]

音楽を整理するうえでも重要なのがプレイリストです。を使ってもプレイリストが作れますし、iPod本体でも作成することができます。(モデルによる)
 
iTunesを使った場合は、
 
1.           iTunesを起動させます。iTunes画面の左上の[フォルダ]の[新規プレイリスト]をクリックします。
 
2.           プレイリスト欄に[無題プレイリスト]が出るので、好きな名前を入れます。
 
3.           [ライブラリ]欄の[ミュージック]に入っている曲から好きなものを選んでプレイリストに入れます。
入れ方は[無題のプレイリスト]と書かれている部分に入れたい曲をクリックした状態(ドラッグ)で移動させても入りますし、好きな曲をクリック→[プレイリストに追加]をクリック→移動先のプレイリストを選択でも入ります。
 
iPodを使った場合は、
 
1.       [On−The−Goプレイリスト]を使います。
 
2.       [On−The−Goプレイリスト]に入れたい曲を選択して、センターボタンを長押しすると入れることができます。
 
3.       [ミュージック]→[プレイリスト]→[On−The−Goプレイリスト]で曲が入っているか確認した後は[プレイリストを保存]→[プレイリストを保存]をクリックすれば完了です。

iPodに持っているCDを入れたいとき[iPod/使い方]

見やすい新サイトはこちらからどうぞ!

iPodに曲などを入れるにはパソコンにiTunesをダウンロードするのがまず必要です。今すでに持っているCDをiPodに取り入れたいときにもiTunesを使って入れます。
 
. まず、iTunesを起動させ、それからパソコンのディスクドライブに、自分が持っているCDをいれます。
 
. そうすると、インストールしますか?と出ますから「はい」を押します。このときインターネットに接続されている状態のときだったら、自動的にアーティスト名や曲名などが自分で入力しなくても勝手に出るので簡単。
インターネットにつながっていない場合には「トラック1 ○:○○」と曲名の部分はトラックで表示され、その横に再生時間が表示されます。それとCDの目次などを使って曲名などを入れる作業が必要です。曲名を入れるには名前の部分をクリックして変更させます。右クリックを使ってプロパティーを出し、その中の情報を出せば、曲名、アーティスト、アルバム、ジャンルといった情報を書き換えることができます。シフトキーを使って複数選べば複数の情報が一度で書き換えが可能です。
 
3.       すべての曲にチェックマークが付けばインポートが完了。ライブラリのミュージックに入っていれば、大丈夫です。
 
4.       取り込んだCDの曲をiPodに入れるには、iPodとiTunesをシンクさせればOKです。
 

iPodとiTunesをシンクさせるとは[iPod/使い方]

iPodとiTunesをシンクさせる事によって、iTunesに整理した曲などをiPodに移すことができます。
 
1.       まず、iTunesを起動させます。
 
2.       iPodの設定画面にします。その中のオプションにある「このiPodの接続時にiTunesを開く」にチェックを入れておきます。
 
3.       iPodを付属のケーブルでパソコンにつなげます。初めての場合には、iPodに名前の入力が必要です。名前を入力したら[OK]をクリックします。
 
4.       “自分が選んだプレイリストだけを入れたい場合”には「iPodに曲を自動的に同期」にチェックをいれずに「OK」を押してから「音楽を同期する」→「選択したプレイリスト」→転送したいプレイリストをチェック→右下の「同期」をクリックします。
“すべての曲を入れたい”場合は、「iPodに曲を自動的に同期」を押すと自動でiTunes内にある曲が転送されます。1曲づつ手動で入れることもできます。
“空き容量が足りない”場合には自動的に選択された曲を入れるかどうかという選択ができます。
 
5.       シンクが開催されます。このときにケーブルを外さないように!完了してからアイコンを使って接続を解除して、ケーブルを外せば完了です。

iPodの種類(iPod shuffle)[iPod/使い方]

iPod shuffleとは、iPodの種類の中でも、一番小さく機能も簡単な音楽プレーヤーです。

見た目はちょっと大きめなクリップといった感じでどこにでもつけられるようになっています。クリップにしては大きめですが、これで本当に音楽が聴けるのかというくらいの大きさしかありません。料金もお手ごろ価格なので、手に入れやすい商品ともいえます。

コントロールは再生と一時停止、巻き戻し、スキップ、ボリューム調整になっています。バッテリーは最大で12時間使用可能で、残の表示は信号と同じになっていて一目で分かるので見やすい。

聴きたい音楽を好きな順に設定することはできませんが、シャッフルスイッチを使うと入っている曲がランダムに楽しめます。元に戻すと、iTunesで作ったプレイリストやアルバムの曲順になります。1GBでは240曲、2GBでは500曲が最大で入ります。

セル族方法はUSB(Dockコネクタ経由)で、充電時間は4時間ほど付属のアクセサリはイヤフォンとDockです。色にはシルバー、ブルー、グリーン、パープル、レッドがあります。

iPodの種類(iPod nano)[iPod/使い方]

iPod nano(アイポットナノ)はiPodで画像も楽しんでしまおうという商品です。厚さはわずか6mmという薄さ。その中に4GBの場合には最大で1000曲、8GBの場合は2000曲が収録可能。ビデオは8GBモデルなら最大8時間のビデオが保存可能。
 
音楽は、プレイリスト、アーチスト名、アルバム、曲、ジャンル、作曲者名などを使い探したい曲をスピーディに見つけることが出来ます。「曲をシャッフルする」を使えば曲の並べ替えも思いのままです。ビデオは204ピクセルというアップル社のディスプレイの中でも最高水準のキレイさで楽しめます。
 
2007年に発売された3G iPod nano(第3世代アイポッド ナノ)などは、今までよりも小さい上に薄く、それなのに大画面がついています。本来の使い方に加えて、iTunesからビデオやゲームなどもダウンロードが可能。
 
Podcastを登録してiPod nanoとシンクロさせれば、お気に入りの番組が場所を選ばず楽しめます。(ただiTunesがバージョン7.4以上になっていないと使用できません)写真などの保存もできます。
 
アルミニウムとステンレススチールを組み合わせた外見をしていて、色はシルバー、ブルー、レッド、グリーン、ブラック、ピンクの6色です。再生時間は音楽が24時間、ビデオは最大5時間可能。
 
充電時間は約3時間で、1.5時間で8割高速充電可能です。付属のアクセサリはイヤフォン、USBケーブル、dockアダプタになります。
接続は、USB、コンポーネント、コンポジットビデオからできます。オーディオ出力にはヘッドジョンジャックを使います。

iPodの種類(iPod classic)[iPod/使い方]

iPod classicは、iPodの定番的存在の商品です。
 
iPodシリーズの中でも最大の記憶容量を誇り、80GBと160GBがあります。縦が約10.3cm、横が約6.2cm、厚さは80GBのとき約1センチ160GBのとき約1.3cmというポケットにも入るくらいの小ささで160GBにはなんと、音楽なら最大で40000曲、ビデオなら最大200時間も入るというからすごい!
 
40000曲も入るということは、持っているCD全部入れ手も余裕があるんじゃないでしょうか。だから、どれを入れるか選ばなくても大丈夫。曲も整理しやすくて、探すのも簡単。曲をシャッフルする機能も使えます。
 
お気に入りのビデオもこんなに小さなiPodで保存できる時代になりました。ワイド画面で楽しめるビデオは、最大200時間の保存ができる上に再生は最大7時間。ディスプレイの明るさを調節できるので、どこで出も楽しむことができます。一番使いたいのは移動時間ですね。このiPodさえあれば、退屈でしかなかった移動時間が逆に楽しみの時間に変わることは確実です。オプションのApple AVケーブルを使え場テレビだって楽しめます。
 
iTunes Storeと連携して使えば、ビデオはもちろん、人気の番組が楽しめたり、何千冊もの書籍が読めたり、ゲームもダウンロードでき、写真も保存できたりと使い方いろいろ。
 
色は、シルバーとブラックと洗練されたカラー。充電時間は約4時間で2時間で8割高速充電ができます。付属のアクセサリはイヤフォン、USBケーブル、clockアダプタです。
 
接続は、USB、コンポーネント、コンポジットビデオからできます。オーディオ出力にはヘッドジョンジャック。
 

iPodとは[iPod/使い方]

iPodとは、マッキントッシュなどで有名なアップル社が販売している携帯デジタル音楽プレーヤーです。パソコンを使って曲などを入れるようになっています。アップル社の商品ですが、Macだけではなくwindowsでも曲を入れることができます。曲などを入れたりするために、iTunesのダウンロード(無料)が必要です。

iPodはシリーズ名なので、一言でiPodといっても様々な種類があります。
2004年には1Pod miniが表品として売り出されました。そのあと、それに替わる商品としてiPod nanoが2005年に発売。2004年に発売されたiPod photoは2005年にはiPodがカラー液晶が標準となったことから商品名としてはなくなりました。

2005年発売のiPod shuffle(アイポットシャッフル)は、始めは長細い形をしていましたが、2008年版などはクリップの形になり、どこにでも付けるのが簡単になっているのが特徴的で、価格もお手ごろ価格になっています。

アップル社がだした最新の商品にiPHONEがありますが、これはiPodとインターネットと電話が1つになった新しい形の携帯電話です。iPodの商品歴史があったからこそできた商品だと思います。このようにiPodは急成長を続けている、アップル社を支える商品です。

カテゴリー
iPodとは(1)
iPodの種類(3)
iPodとiTunes(1)
iPodに持っているCDを入れる(1)
プレイリストを作成する方法(1)
スマートプレイリストを作成する方法(1)

おすすめリンク集
3分間でわかる妊娠検査薬 

C型肝炎|肝臓がん

日本山人参

iPodの使い方、仕様について

5分間でわかる妊娠検査薬